原文は英語で、これはその翻訳です。

GNUプロジェクトの文書

GNUとそのほかの自由文書は下記の方法で入手できます:

GNU文書の原則

読者はGNUソフトウェアと同じように、GNU文書のコピー、更新、再配布を自由に行うべきだと、わたしたちは信じています。

もともとは、わたしたちの文書はすべて、短いコピーレフトライセンスか、GNU一般公衆ライセンス(GPL)でリリースされていました。2001年、GNU自由文書ライセンス(FDL)が作られ、もともとソフトウェアのために設計されたライセンスでは合わないニーズに対処しました。自由な文書の詳細については、リチャード?ストールマンの小論、「自由ソフトウェアと自由なマニュアル」をご覧ください。また、Texinfoのバージョンのその小論があり、マニュアルに含めることができます。

貢獻

もっと多くの文書を書く手伝いをしてください! これは自由ソフトウェア運動に貢獻するもっとも重要な方法の一つです。この詳細についてとそのほかの支援の方法については、ここをクリックしてください。

GNU出版: 貢獻するもう一つの方法は、GNU出版の本について、本屋で入手しやすくなるように手伝うことです。これについて、またはほかの理由でも、こちらまでお願いします:GNU出版に連絡

このページの各國語訳:

[en] English   [ar] ???????   [ca] català   [de] Deutsch   [el] ελληνικ?   [es] espa?ol   [fr] fran?ais   [it] italiano   [ja] 日本語   [nl] Nederlands   [pl] polski   [pt-br] português   [ru] русский   [sq] Shqip   [tr] Türk?e   [zh-cn] 簡體中文  

 [FSFロゴ]  “フリーソフトウェアファウンデーション(FSF)は、コンピュータのユーザの自由を促進する世界的なミッションを持つ非営利団體です。わたしたちは、すべてのソフトウェアユーザの権利を守ります。”

意甲教母